年会費は高くてもスペックが良いわけではない

クレジットカードを選ぶ基準として人気なのが
最初は年会費無料の負担のかからないものや
かかっても2千円くらいまでの年会費に抑える方が
ほとんどだと思います。

ですが一度クレジットカードホルダーになると
欲がどうしても出てくるものです。
ゴールドカードまでなら持つこと自体一般的ですので
数千円から1万円くらいの年会費をだして持つ方も 多いと思います。 ですがやっぱりもっと欲が出てくるものなのですね。 プラチナカード、ブラックカードとどんどん高いものが 欲しくなるのが人情というものだと思います。

ここできちんと理解が必要になります。

その欲というものは一種のステータスを求める為に
プラチナカードなどがほしくなるのだと思います。
勿論、プラチナレベルになるとスペックは悪くない ものも多くあります。 ただ、実は年会費が高いだけであまり費用対効果 がないものも結構多くありますので注意が必要となります。
またプラチナなどになっても付与されるポイントを知るで言っている
ポイントの付与率が劇的に上がるわけではありません。
むしろ年会費無料のクレジットカードの方が高い場合も
あるくらいです。

ですので目的をステータス性や何かの空港ラウンジの特典や
単なるカッコつけということで持ちたい方にはプラチナカードは
いいものであるといえるでしょう。
プラチナと言っても年会費が1万~10万とかピンからキリまで
あるのは事実ではありますが、何度も言うようにお得感を求めるのであれば
まずは本来の目的にフォーカスするということが非常に大事になってきます。